スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ノスタルジックなモシュリンヌの木箱たち

スミレとシクラメン3点

昔から木箱って何故か心惹かれます。

そんな私がフランスの蚤の市で
無造作に並べられたガラクタの中から見つけた小さな木箱、

それがモシュリンヌとの出会いでした。

モシュリンヌは1933年頃までお土産品として作られた木製の工芸品です。
木箱だけでなくいろいろな品物が作られていた様です。

主にリゾート地のお土産用に作成されているためか、
観光地名が書かれたものをよく見かけます。
今回ご紹介するモシュリンヌ木箱にも、モンテカルロ(モナコ)、
ディナン(ベルギー)、インターラーケン(スイス)の土地の名が記されています。

すみれとモミザが絵描かれた円い形と長方形の小さなモシュリンヌと、
珍しいシクラメンが絵描かれたハガキほどの大きなサイズのモシュリンヌ。

その土地々々のお土産品は、きっと家族や恋人、友人たちにと渡されたんでしょう。
そうしてモシュリンヌもまた、人から人へと受け継がれたアンティーク。
アンティーク好きとしては1つは持っておきたいお品ですね。
コレクターの方にもオススメです。
大切にしてくださる方へ。。。








前回の買付け時にあるアンティークショップでツバメ柄のトレーを見つけましたが、
ものすごく高額で持ち帰るのをあきらめました。。。
その代わりに、幸運にも形の違うモシュリンヌ3点と蚤の市で巡り会えました。

まるい形のスミレのモシュリンヌにはエピソードがあります。

出会いはパリの蚤の市。
お店のお兄さんに価格交渉すると全く下げてくれません。
高めのお値段だったのでお安く提供できるよう

「そこをなんとかお願い!」

と何度もお願いしていると、

「オレはこれがベスト価格だと3回、3回も言ったぞ!」

と強調され、

ホント3回も言わせちゃったと笑いが込み上げ、

「ぶははっ!」

と大笑いしてしまったんですね。

そしたら1ユーロおまけしてくれ、たまたま隣にいたお買物中のおじさんが

「君のその笑顔でまけてくれたよ!」と。

"スマイル"は世界共通語だな、としみじみ感じたのでした。


このまぁるい形のモシュリンヌは、ショップにUPしてすぐにSOLDとなりました。
お買上げ誠にありがとうございました!

残り2つの木箱は手描きの絵もさながら、金具にも心惹かれるんですよね。
モシュリンヌをお探しだった方、ぜひ早めにご検討くださいませ♪



◆ショップはこちらです↑。


にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

◆ポチっと応援よろしくお願いします↑↑↑

スポンサーサイト

2011.10.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | アンティーク

«  | ホーム |  »

プロフィール

Mako~Fulari~

Author:Mako~Fulari~
ナチュラル・アンティーク雑貨のお店 Fulariフラリの店長ことMakoです。出会ったステキなアンティーク・ブロカントのことや、日々のことを少しずつ綴っていきます。

ナチュラル・アンティーク雑貨 Fulari ~フラリ~

最新トラックバック

シンプルアーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。